サウナに入ると痩せる?そのダイエット効果とは?

わたしの家の付近には、岩盤浴だけではなく、洋式やモンゴル式など様々な様式のサウナがあります。

ですが、わたしはあまり暑い空間に長く居ると苦しくなってしまうので、岩盤浴やモンゴル式のサウナの方によく行っています。

熱い洋式のサウナに入るのが好きな友人から言わせれば、「痩せないよ?」「いっぱい汗をかけば痩せるよ」といわれるのですが、実際はどうなのかと調べてみました。

すると、やはり汗の量と消費カロリーは比例しないので、サウナに入ることで痩せる!ということではないそうです。

しかし、汗をかいた分の水分量の減少は考えられるそうです。

また、水分をとるとまた体重は戻ります。

ただ、サウナにはいろいろな効果もあるようで、実はのちのちにダイエットに繋がるようになっていくそうです。

やり方としては、まずばっちり水分をとりましょう。

そして、サウナに10分入り、外気浴、水風呂を10分のサイクルで、これを無理のない程度から繰り返していくことが大切になってくるのです。

これの繰り返しを行っていく事で、身体を温めて血行の促進、汗から老廃物を排出することでデトックス効果も期待できます。

また、温冷効果によって脳に刺激がいき、自律神経を鍛えることができるそうです。

さらに、季節の変わり目や、天候の変化による体調不良にも強くなるそうです。

加えて、この温冷効果によって褐色脂肪細胞というカロリーを消費すると言われている細胞に刺激を与えるため、基礎代謝エネルギーがあがっていくことになるそうです。

これだけ効果があるのならば、運動と一緒に取り入れていけば、より痩せやすい体質に変えていく事ができそうですね。